2012年7月16日月曜日

人生相談(一人だけを愛せない)その2


その1はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/07/blog-post_14.html

その1の続きで,一人の異性だけを愛することができないという理由の一つを取り上げます。なお掲載している事例は,経験をもとに作成した架空の話です。


□世の中の異性の本質に片っ端から触れたい
その1もそうですが,これも一般の人には理解しにくい理由です。

分かりやすく言うと,世の中に様々な異性がいます。そしてそれぞれが性格や育ってきた境遇が異なり,そのためにそれぞれが異なる世界観や雰囲気などを持っています。これを,その人が持つ世界と表現します。

この理由が当てはまる人は,交際相手の世界を味わい,その人の本質に触れたいという衝動に動かされている人です。しかもその衝動は,味わってみたいと思う世界を持っている人と,次々と交際したいという種類のものです。

ですから,その人が持つ世界を十分に味わい,その人の本質に触れたなら,その人との交際はそれで十分になって飽きてしまい,別れます。

そして,別の世界を持っている次の異性を探します。このように,数回の交際で別れて次の相手を探していくのが,この理由である人の特徴です。

交際相手の異性は,やっと親しくなったところで何で別れるのか,と思う場合があるので,別れでもめることがあります。

しかし,ある程度経験を積んでくると,交際開始時に,ほかに付き合っている人がいることを話したり,長期間交際する意志はないことを告げ,もめることを回避するように配慮します。

なぜ,そのような衝動があるのかということですが,これにはいくつか原因があります。幼児期や思春期に何らかのショックを受けて,それ以来,心が渇いているような状態になった原因があります。

また,前世で果たせなかったことを果たすという霊的な原因もあります。そのどれであるかは,ケースバイケースです。

この理由の場合,あることをきっかけ(きっかけの内容もケースバイケースです)として,異性を探して回る行動はゼロにはなりませんが,落ち着くようになります。

私ができることは,守護霊からのメッセージを伝えるとともに,現在の状況がどうなのかということと,なぜこういう状況に至ったのかを説明することになります。

※その3を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2015/10/3.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html