2012年7月14日土曜日

人生相談(一人だけを愛せない)その1


人生相談には,自分の人生の謎を解き明かしたいという意図で来られる人もいます。今回は,一人の異性だけを愛することができないというケースで,その理由の一つを取り上げます。

ここでは,単なる浮気性は取り上げていません。もっとディープな理由で,一般の人はあまり見かけないようなケースを取り上げます。


□多くの人に愛情を注ぐために生まれてきた
これは女性だけに見かけるケースで,理由は多くの人々に愛情を注ぐために生まれてきたというものです。

そのため,交際している異性がいても,それ以外の異性にも親切にしたり世話をするため,もめ事が起こります。単なる浮気性とか移り気ということではないのですが,誤解されることもあります。

本人の生まれてきた目的の一つが,多くの人々に愛情を注ぐというものですが,その方の守護霊とつながると,守護霊もあらゆる人や動物に対して愛情を注ぐ気質であることが多いです。その守護霊からの影響も受けているため,多くの人に愛情を注ごうとする衝動が抑えられないものとなっています。


そして,人の世話をする仕事に就くことで,人生の目的を達成しようとします。愛情を注ぐといってもレベルはまちまちで,結婚して家庭ではご主人を愛し,外に出たら世話をする相手に愛情を注ぐレベルの人がいます。また,結婚して一人の男性だけを愛することはできない,というレベルの人もいます。

では,結婚して一人の異性だけを愛することはできないというレベルの人は,一生独身なのかというと,そうでもありません。男性でも女性でも,年をとると包容力が増えます。また,相手を束縛することも少なくなります。

そうなってくると,一人の異性だけを愛することはできないということを分かった上で,結婚相手として受け入れる人が現れます。つまり人生の後半で,同じく年配で理解のある人と,結婚するケースが見られます。その後は,長年愛情を注いで生きてきた人ならではの分別や心遣いで,充実した結婚生活を送られているようです。

その2を掲載しました。
https://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/07/part2_16.html



□ブログ記事の索引
https://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)

https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html