2012年7月10日火曜日

人生相談(霊視は右脳?)

人生相談で霊視したことを話したり文章にまとめたりしているとき,つまりスピリチュアルな能力を全開にしているときは,本業のIT教育に取り組んでいるときと,異なる感触があります。

それは,話すことや書いた文章が情緒的になっているということです。それだけ相手に訴えやすくなっている面はありますが,すみずみまで理路整然であるとはいえない場合があります。

人間の脳は,右側の脳(右脳)と左側の脳(左脳)に別れており,右脳は体の左側の運動と感覚の処理を担っており,左脳は体の右側の運動と感覚の処理を担っているそうです。そして右脳は,直感や閃きといった能力や,言葉に含まれる感情の理解に優れ,左脳は分析力や論理的思考に優れているそうです。

また,スピリチュアルな能力は,生まれたばかりの赤ん坊や幼児は持っており,それが大人になるにつれ,退化していくとする説があります。また,動物はスピリチュアルな能力を持っていて,人間に進化する過程で失われたとする説もあります。

右脳・左脳との因果関係はわかりませんが,例えとして,霊視しているときは右脳がフル回転している状況なのかもしれません。

そのような経験から,相談者にメールを送るときは,送信前に時間を置いて2回,全体を読み通してチェックするようにしています(これはビジネスでのメールも同じです)。また面談では,話す内容が情緒的であった場合,あとでまとめた内容をメールで送るようにして,理路整然さを期すようにしています。



□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html