2012年6月10日日曜日

人生相談(開運について)その1


霊視してもらい,スピリチュアルメッセージを聞くことが,開運につながるのかという質問です。そういうキャッチフレーズを見かけたことがあるのでしょう。


□開運は本人の状況と取り組み方次第
自分の日常生活での想いが,過去を引きずっていたり,恨みや憎しみなどのマイナスの想いにとらわれていると,道をそれたように,人生が少しずつうまくいかなくなります。それが積み重なると,不運と感じる状態になったりします。

そのような場合,霊視してもらってスピリチュアルメッセージを聞くことで,想いを正したり,引きずっている過去を手放すことができたとします。そうすると,仕事やプライベートで,かみ合わないものがうまくかみ合うようになります。つまり,人生が好転したように感じます。

しかし,前向きに生きていて心に曇りがなければ,それ以上良くなることはありません。そのような状態の人を霊視すると,本人が気がつかないことで配慮すべきことなどが,スピリチュアルメッセージとして伝わってくることがあります。それはそれで本人にとって参考になりますが,それで開運ということはありません。


□マイナスの状態から戻ることも「開運」とすれば
結論をいえば,自分の想いがあるべき方向からそれていて,スピリチュアルメッセージにより,あるべき方向に向くように想いを変えられた場合,うまくいかなかった人生がうまくいくように戻ります。

ただしそれは,うまくいかない状態から,うまくいっていた以前の状態(少なくとも幼児や子どもの頃は,誰もがうまくいっていた状態です)に戻るということです。

それをどうとらえるかということですが,目の前の問題を解決できたなら,それを開運と感じてもおかしくはありません。

その2を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/08/part2.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)

http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html