2012年5月29日火曜日

人生相談(守護霊について)その8


その7はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/05/part7.html

前回の続きで,守護霊に関する質問を取り上げます。なお,ここで取り上げる例は,実際にあった経験をもとに作成した,架空の話です。


□守護霊が感情をコントロールすることはある?
守護霊はあくまでも,本人の人生の導きやサポートを行います。そのため,うれしくないのにうれしいと感じさせるようなコントロールは行いません。それは本人の乗っ取りになるからです。ただし,不安をしばらくの間抑えるといった,抑える程度のコントロールならあります。

よくあるのが,就職先を決める,結婚を決める,家を購入する,といった大きな決断を下すときです。守護する本人の人生を次のステージに進めるため,守護霊はそれらを実現するようにあれこれ手配し,本人の背中を押すとともに,決断に伴う不安を抑えます。

そして内定した,婚約した,売買契約を済ませた,といったように結末が確定した時点で,背中を押すのをやめ,不安を抑えることもやめます。そしたら本人は,はっと我に返った状態になります。これからの人生を変える大きな決断をした,この先大丈夫だろうか,という不安が湧き上がります。

婚約後に,一部の女性が経験するマリッジ・ブルー(結婚への不安)は,守護霊が不安を抑えることを止めたためという理由があるかもしれません。

ところで,この不安は本人の精神的修養によって克服すべきものです。感情に惑わされないようにする修行を経験させるためにも,不安を抑えるのを止めます。克服といっても,不安を感じないようになるのではなく,不安があっても通常通り判断して生活できるように鍛えるということです。

この不安で相談に来られた方には,その方に適した精神的修養のコツを選び,説明します。それが相談内容になります。

その9を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/05/part9.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html