2012年5月26日土曜日

人生相談(守護霊について)その5


その4はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/05/part4_25.html

前回の続きで,守護霊に関する質問を取り上げます。なお,ここで取り上げる例は,一般化した内容としています。


□守護霊は複数いる?
人により異なりますが,複数います。それぞれ守護する内容が異なり,役割分担しています。映画の制作スタッフが,監督,演出,美術などに分かれているように,守護される本人のさまざまな面を導いたりサポートしています。

これまで話してきたのは,守護する本人の人生を導く守護霊(主護霊というそうですが)で,背中から首の後ろにかけての位置に見えます。私が霊視してすぐに見えるのが,この 主護霊です。守護霊の前世が戦争での参謀のような役割だった場合,守護される人の人生のパターンも,知らず知らずのうちに作戦勝ちになっている場合があります。

そのほかに,専門的な能力を与えたりサポートする,特定分野を担当する守護霊もいます。背中に見える場合もあれば,職人的な技能を与える場合は右腕の肘のあたりに見える場合もあります。なお,守護霊が見える位置は,あくまでも私の場合であり,人により異なる位置に見える場合があります。

世の中のために活躍してきたり,多才な人は,守護霊も多い傾向にあります。別に守護霊が多いから立派ということもなく,守護霊を増やそうと取り組む必要はありません。人間として,自分を高め,さまざまな能力を磨いていくことで,自然と落ち着くところに落ち着きます。

それ以外に,守護霊とはいえないものの本人の周りで本人を助けようとする霊,が見えます。それはたいていは本人と親しかった家族で,死後そんなに年数がたっておらず,本人が心配で何とか助けたいと思っている霊が多いです。

その6を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/05/part6.html



□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html