2012年5月10日木曜日

人生相談(守護神について)その1


この世で生きている人には,守護霊と守護神が守っています。今回は,守護神について取り上げます。

なお,ここで取り上げる例は,実際の経験をもとにして作った架空の話と,一般的な傾向を掲載しています。


□どのように見えるのか
私の場合,守護神は本人の背中に見えます。菩薩像として見える場合もあれば,不動明王の姿が見える場合もあります。また,龍の姿である場合もあります。


□自分を守っている守護神は?
一般に,本人が信仰している神仏によります。つまり自分が信仰している宗教のご神体であるということです。信仰ですが現世だけではなく,過去世で信仰していた神仏である場合もあります。

また,親が子どものために神社仏閣で願をかけた場合,子の守護神がそのご神体となる場合もあります。家族が同じ守護神であることも多いです。


□複数の守護神が守っていることはある?
あります。人により,いくつかの守護神が見えることがあります。

その2を掲載しました。