2012年4月19日木曜日

人生相談(結婚できない理由)その5


その4はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/04/part4.html

前回の続きで,結婚したくとも結婚できないディープな理由を取り上げます。なお,ここで取り上げている事例は,経験をもとに作成した,架空の話です。


□時期的に成熟していない
現時点では,結婚するには,機が熟していないというケースです。人により,人生のパターンは異なりますが,何事も十分成熟してから次の段階に進むようなパターンの人生を送っている人に,見られます。

機が熟していないといっても,別に本人が人間的に未成熟といったことはなく,結婚への意志もあります。しかし交際しても,まとまらずに終わります。あせって無理矢理結婚を決めようとしても,同じ結果になります。

私が霊視すると,このような人に共通していえることは,運勢的には眠っている(目覚めていない)時期にあるように見えます。どのような状況であるのかを説明することが,相談内容になります。

このケースが当てはまる人は晩婚型ともいえ,それでは結婚している期間が一生のうちで短くて不満,という思いがあると思います。しかしこのケースの人は,いい結婚相手に巡り会って幸せな家庭を築きます。

言い換えれば,若くして結婚して,うまくいかずに離婚したダメージを避けられたと思えばよいです。そのため,結婚で焦る気持ちは分かりますが,長い目で見てうまくいく人生が待っています。

その6を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/02/part6.html



□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


□メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2012年4月12日木曜日

人生相談(開運グッズ)

世の中にある開運グッズについて,聞かれることがあります。

私から見ると,物そのものが,その人の運勢を変えることはないと感じています。ただし,物を持つことで,その人の意識が変わる場合があります。

たとえばブランド物のバッグを購入して,それにより自分が意識が変わり,劣等感などのマイナスの想いから多少でも解放された場合,その人の人生も多少は好転します。そのように,自分がマイナスの想いから解放され,前向きに生きるためにグッズを購入するというのはありだと思います。

何もこれは物を購入するばかりではありません。「人生がときめく片づけの魔法(近藤 麻理恵著) 」で,物を捨てるか残すかは,ときめくかどうかで判断することを提唱していますが,これはときめく物に囲まれて生活することが,前向きに生きるためにグッズを購入することと同様の効用があるからです。

2012年4月10日火曜日

人生相談(結婚できない理由)その4

その3はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/04/part3.html

前回の続きで,結婚したくとも結婚できないディープな理由を取り上げます。なお,ここで取り上げている事例は,経験をもとに作成した,架空の話です。


□恨みの念を受けている
これはかなりスピリチュアルな原因であるケースで,私への相談件数では,多い部類です。

他人から男女関係に関する恨みを受けた場合に,程度問題により生じます。親などの先祖が,自分の結婚相手に恨みの念を持っていた場合,その恨みの念が子孫へと及んでこのケースが生じる場合もあります。

本人は容姿や性格に問題はないのですが,本人の周りには恨みの念が取り巻いています。交際相手はその念を受けて,はじき返されるような圧力を感じたりして,離れていきます。この理由だと分かるのは,別れる理由です。


お見合いの場合,紹介者に無難な理由をつけて断る場合が多いです。しかし,紹介者が本当の理由を聞き出そうとすると,「あの人と会っていると頭が締め付けられるようなので,別れたい」などと正直に言う場合があります。紹介者や,それを伝え聞いた本人のご家族は,そんな馬鹿なと最初は思います。

しかし,何人かとお見合いさせても,異口同音にそのようなことを言って誰もが断ってくるので,紹介者はおかしいことに気づき,「自分で探していただけますか」といって,紹介を断るようになります。そしてご家族も,何かスピリチュアルな理由があることに気づき始めます。

このケースに限らずどのケースでも,すぐに解決できる場合もあれば,数か月かかる場合もあります。

しかし,今がどのような状況で,どのような心構えで生きていくべきかは,相談で説明できます。そしてその成果がしばらく後で現れ,恨みの念が影響を及ぼさなくなって結婚できるようになります。

その5を掲載しました。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/04/part5.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


□メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html


2012年4月9日月曜日

人生相談(結婚できない理由)その3

その2はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/04/part2.html

前回の続きで,結婚したくとも結婚できないディープな理由を取り上げます。なお,ここで取り上げている事例は,経験をもとに作成した,架空の話です。


□仕事を結婚よりも優先している
人は誰しも,生まれてくる前に人生の目的(経験すること)をいくつか決めて生まれてきています。仕事で活躍したいという目的をもって生まれてきた女性の一部で,このケースがあります。

異性との交際や結婚は一応望んでいるものの,仕事に取り組むことの優先度が高いため,結婚がまとまらないというものです。

仕事と結婚生活を両立できればこの問題は生じにくいですが,それが困難な種類の仕事に就くことを望んで生まれてきた場合になります。

交際しても,いざ家庭の束縛を考えると結婚に踏み切れず,かといって異性との無理のない交際は望んでいるので,だらだらと交際を続け,交際相手がしびれをきらして別れるという結末を繰り返します。

ただし,仕事が落ち着いた40代や50代で,生まれてきた目的をほぼ果たしたので,残りは結婚生活を経験ということで結婚するケースはあります。


□仕事優先で一生を終わるか?
また,さまざまなことを経験することを目的として生まれてきた女性の場合,結婚しているとさまざまな経験ができない場合,それらを一通り経験するまでは結婚が決まりません。その場合も,40代や50代で一段落して,結婚に至るケースがあります。

いずれのケースにしても,親など周りは結婚に関して心配します。しかし本人は,結婚への意欲はあるものの,人生における優先度は2番目で,一番目がほかにあるということを,無意識に感じていることが多いです。

余談ですが,現代は女性が仕事で活躍しやすい時代です。これまでのどの時代よりも,女性が働くことに関して,制約や偏見がないからです。そのため,仕事で活躍したいと望んで生まれてきた女性が多い時代であるように感じます。

その4を掲載しました
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/04/part4.html



□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


□メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2012年4月7日土曜日

人生相談(結婚できない理由)その2

その1はこちらです。
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/04/part1.html

前回の続きで,結婚したくとも結婚できないディープな理由を取り上げます。なお,ここで取り上げている事例は,経験をもとに作成した,架空の話です。


□過去の交際を引きずっている
過去に交際していたものの交際が終わり,そのときの思いを引きずっているために交際がまとまらず,結婚できないケースです。

適齢期であれば,誰しも過去の交際を引きずることは多少はあります。しかし,交際相手と死別した,あるいは引き裂かれるようにして別れた場合で,なおかつ本人の未練が強い場合に,このケースが生じます。

このケースで問題になるのは,死別した人のことを,いつまでも悔やんでいると,その想いが死別した人にも悪影響を及ぼすことです。

たとえていえば,悔やむ想いが,死別した人の足を引っ張り,死別した人が天国に行けなくなります。そして,その悔やむ想いが,本人にも悪影響を及ぼします。

本人への悪影響ですが,悔やむ想いはマイナスの想いで,結婚しようと交際しても,すれ違うように別れてしまう結末になります。

自分の想いが現実を作り出しているのですが,なかなかそれが理解できない,あるいは理解してもどうすればよいかが分からないということが多いです。

私の相談内容では,当然ですが想いを変えることをアドバイスします。それにより,死別した人は天国に行くことができ,本人も次の幸せを手に入れることができるようになります。

どう変えるかですが,その方法はケースバイケースといえます。

その3を掲載しました
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/04/part3.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


□メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)

http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2012年4月5日木曜日

人生相談(結婚できない理由)その1

私が受ける人生相談の9割が女性です。そして,結婚に関する相談がある程度の割合を占めます。といっても世間一般の婚活でどうにかなる問題ではなく,私のところにくる以上は別の理由があります。

その,結婚したくとも結婚できないディープな理由を取り上げます。なお,ここで取り上げている事例は,経験をもとに作成した,架空の話です。


□潜在意識で現在の生活を変えたくないと思っている
ご家族がいろいろと縁談を持ってきて,本人も顕在意識(知覚できる意識)のレベルでは結婚しなくてはと思っているものの,交際がどれも続かず,毎回相手が断って破談になってしまうケースがあります。

そのようなケースの一部で,これが理由のものがあります。

ご本人と会って話を聞いていくと,理性や顕在意識では結婚を望んでいても,それより下の深層意識では,現在の生活を変えたくないという思いが強く,それが結婚しようとする気持ちにブレーキをかけているというものです。

そのため,交際相手と食事したり話しをしても,義務でしているような雰囲気になります。そして交際相手が結婚に発展しそうにないという感触を得て,交際を断るという結末になります。

私から見た場合,このようなケースでは,本人が自分の殻から抜け出すことが,人生の目的の一つになっている場合があります。

自分の殻から抜け出すには,どうすればよいのかを話すことが相談内容になります。

その2を掲載しました
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2012/04/part2.html


□ブログ記事の索引
http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html


□メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)
http://www.kimura-kouichi.com/c/index.html