2021年11月22日月曜日

スピリチュアル人生相談を終了します

私の高齢化を理由として,スピリチュアル人生相談(以下,人生相談)のサービスを終了します。


※本日朝,「スピリチュアル人生相談の新規申し込みの受付を停止します」という記事を掲載しましたが,それを削除し,この記事に差し替えます。


説明事項を掲載します。


(1) 人生相談をご利用中の人

全員にメールを出しました。


(2) 過去に人生相談を利用された人

過去にやりとりしたメールや,面談・電話相談で用いた資料を,すべて削除します。

相談の秘密は守ります。


このブログは,説明事項の掲載の関係で,しばらく残します。


2012年よりネットで(それ以前は口コミだけで)人生相談を開始し,9年間続けてきました。ご愛顧に深く感謝致します。


2021年11月16日火曜日

人生相談(人に言えない悩み)その19

その18はこちらです。

https://kimura-kouichi.blogspot.com/2019/05/18.html


今回は不安神経症を取り上げます。


□不安神経症とは

不安(もしくは恐怖の感情)が,日常生活に支障をきたしてしまうほど強い症状です。


原因として,強いストレスやトラウマが挙げられますが,過去世の記憶が影響することもあります。


その原因に何らかの失敗が加わることで,不安(恐怖)がさらに強化される場合もあります。


強いストレスやトラウマも人生相談の対象ですが,今回は過去世の記憶に関する相談を取り上げます。


なお掲載している相談例は,実際にあった相談をもとに創作したものです。



□相談例

30代の男性からのメール相談の申し込みです。


社会人になってから,仕事で委縮するようになり,それで悩んでいるそうです。


会社で働いていますが,萎縮により人事異動や得意先の環境の変化が負担になっているそうです。


カウンセリングを受けたことがあり,不安神経症と言われたそうです。しかし,トラウマが生じる出来事など原因はわからなかったそうです。


負担を何とかしのいできましたが,最近になって昇進の話があったそうです。


さらに責任が重くなり自分に務まるのか,重圧で精神的に押しつぶされそうになり,救いを求める気持ちで相談を申し込まれたそうです。



□前世で委縮する習慣が身についていた

相談者を霊視しました。


前世は男性で,場所は日本の江戸時代でした。


仕事で大きな失敗をして,世間の冷たい目に耐えられなくなり,萎縮した日々を送ったことが見えてきました。


その記憶と,その記憶にまとわりついたすぐに委縮する習慣が意識の底にあることがわかりました。


相談者に霊視で見えた状況を説明し,萎縮する習慣を解放する作業を数回する必要があるが,最初の1回をお試しで行いますと回答しました。



□夢が状況を暗示している

翌日,相談者から料金が振り込まれ,メールが届きました。


そのメールによると,昨晩は楽しい夢を見たそうです。


萎縮するようになったのは社会人になってからで,その前の懐かしく充実した学生時代の夢だったそうです。あぁ、自分はこんなにのどかに楽しい日々を送っていたんだと感じたそうです。


こんな夢は,これまで見たことがなかったそうです。


仕事になったらまた萎縮する習慣がでてきたそうですが,昨日までよりも幾分楽になったそうで,ぜひとも続きを行ってほしいとのことでした。


私からはメールで,人生のステージや守護霊や守護神など霊視してわかったことをすべて説明し,萎縮する習慣の解放を続けました。


3日ほど解放を続け,終わったことの報告のメールを出しました。



□根本を解消しても習慣はしばらく残る

その返事ですが,心が落ち着いたそうです。そして萎縮する習慣はゼロにはなっていないものの,明らかに半減したそうです。


私から,魂にある感情を解放して根本は解決しても,長年の習慣はすぐには抜けず,時間をかけて改める必要があります。ただ長期的には必ず萎縮する習慣は解消するので,習慣が悪化するような思い込みはしないようにして暮らせばよいです,と回答しました。



□ブログ記事の索引

https://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html



○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)

https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2021年11月1日月曜日

人生相談(思っていることが実現しない)その3

その2はこちらです。

https://kimura-kouichi.blogspot.com/2021/10/blog-post_19.html


人生相談を受けていると,自分の思っていることが実現しない,という相談内容がよくあります。


しかし霊視してみると,その思っていることがもし実現していたら人生が間違った方向に進んでいた,が分かってくることがあります。


今回は,それに関する相談例を取り上げます。


なお取り上げた相談例は,実際にあった複数の相談(いずれも何年も前の相談)をもとに,誰か特定されないように創作したものです。



□選挙で落選した

ある男性からの面談の申し込みです。


申し込み内容によると,市町村議会選挙で落選したとのことで,敗因はどこにあるのだろうかという相談内容です。


面談用資料作成のため相談者を霊視したところ,相談者の守護霊から「粘り強さを身につけてほしい,人の心に訴えられるようになってほしい」という二つのメッセージがありました。


木村「落選の理由ですが,一度で当選してしまうと本人のためにならない,粘り強さを身につけてほしいというメッセージがあります。」


相談者「(今回の選挙で)後援会の皆様に迷惑をかけたし,資金もかなり使ったのですがね。」


木村「もう一つのメッセージは,有権者に限らず人の心に訴えられるようになってほしいというものです。あなたの経歴を拝見しましたが,外資系のコンサルティング会社や日本の金融機関に勤めたことがあるとのことで,話し方もビジネスライクであることは感じます。」


相談者「コンサルタントとしての経験をもとに,自治体の財政を見直すことが公約の一つとしています。」


木村「それはそれで立派な公約と感じます。ただビジネスの場ではデータや具体的な事実を並べて話を進めますが,一般の有権者への話しかけでは感情に訴える話し方も重要です。」


相談者「具体的にはどうすればよいですか。」


木村「具体策の一つとして,イメージしやすいように話すことがあります。当選後にこの自治体がどう変わるかをイメージしやすく話す,相談者さんのことを知らない有権者に自分はどういう人間であるかをイメージしやすく話す,ということがあります。」


相談者「形容詞を多用するのは望ましくない世界で働いてきましたが,反対のことをする必要があるようですね。」


木村「財政などに関する重要なデータは暗記して,具体的なデータを示しつつイメージしやすいよう例えを入れる,という方法なら違和感が少ないと思います。データを暗記して言えるのは,他の立候補者に対するアドバンテージになります。」


相談者「なるほど。ところで面談後に食事はいかがですか?」


木村「相談の秘密を守るため,相談時以外は相談者と会わないようにしています。悪しからずご了承ください。」


それから数年後,そのときの相談者の地域で選挙があったことを知り,ネットで調べてみたら,その相談者は当選されていました。



□ブログ記事の索引

https://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html



○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)

https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html


2021年10月19日火曜日

人生相談(思っていることが実現しない)その2

その1はこちらです。

https://kimura-kouichi.blogspot.com/2021/10/blog-post_5.html


人生相談を受けていると,自分の思っていることが実現しない,という相談内容がよくあります。


しかし霊視してみると,その思っていることがもし実現していたら人生が間違った方向に進んでいた,が分かってくることがあります。


今回は,それに関する相談例を取り上げます。


なお取り上げた相談例は,実際にあった相談をもとに創作したものです。



□相談例

30代後半の独身女性からの相談(面談)です。


これまで婚活を続けてきて,結婚がまとまらなかったそうです。


自分に何か問題があるのだろうか,そして自分の結婚の可能性について知りたいという相談内容でした。



□魂に曇りがある

相談者を霊視しました。


相談者の魂に,部分的な曇りがあるのを感じました。


その曇りに私の意識を集中すると,「あのとき,あと一歩踏み出していたら...」という後悔の感情であることを感じました。




しかし相談者の守護霊から,そのときにあと一歩踏み出していたら,人生がおかしな方向に進んでいたというメッセージがありました。


相談者の守護霊が,あと一歩を踏み込めないように,引き留めていたということでした。


木村「魂に少し曇りがあるのを感じます。その曇りは,あと一歩踏み出していたら,という後悔の感情です。」


相談者「半年ほど前に結婚相談所を介して,男性と知り合いました。条件は良かったのでまとまればと思っていたのですが,自分がはっきりした返事を出せず,結婚がまとまりませんでした。そのことかもしれません。」


その後相談者は当時を思い出したようで,それ以降は涙を拭きながらの対話になりました。


木村「いえ,その男性との結婚に踏み出していたら,その後の人生がおかしくなっていたようです。それを防ぐため,あなたの守護霊が引き留めたのです。」


相談者「自分は,子供のようによくわからずに判断していたということですね。」


木村「あなたに限らず,人間の判断は子供のようなところがあります。私だってそうです。大切なことは,あなたはチャンスを逃していないし,間違った方向に進んでいないということです。」


その後,霊視で視えた相談者の結婚に関する時期とアドバイスを説明して,面談を終えました。


※その3を掲載しました。

https://kimura-kouichi.blogspot.com/2021/11/blog-post.html



□ブログ記事の索引

https://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html



○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)

https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html


2021年10月5日火曜日

人生相談(思っていることが実現しない)その1

人生相談を受けていると,自分の思っていることが実現しない,という相談内容がよくあります。


しかし霊視してみると,その思っていることがもし実現していたら人生を踏み外していた,実現しなかったことで人生を踏み外さずに済んだ,ということがわかることがあります。


今回は,それに関する相談例を取り上げます。


なお取り上げた相談例は,実際にあった相談をもとに創作したものです。



□相談例

20代後半の独身女性からの相談(面談)です。


ある留学制度を利用して,海外で学びたいと思っているそうです。


しかし何回か申請したものの,どれも不採用になったそうです。


いつでも海外留学できるよう,正規雇用で勤めずに派遣やアルバイトで過ごしてきました,自分の何が問題なのでしょう,という相談内容です。



□海外に行っていたら,人生の選択を間違えていた

相談者を霊視すると,最近(2~3か月前)に人生の分かれ道に差し掛かったようで,どうにか適切なほうの道に進めた,という情景が伝わってきました。


相談者にそれを話すと,2~3か月前は留学申請の不採用の結果が来た時期だったそうです。


木村:「つまり留学に行っていたら,あるべき人生にならないほうに進んでいたということです。」


相談者:「あるべき人生とは,どういうことでしょう。」


木村:「さきほど説明した,生まれてきた目的を達成できない人生ということです。ですから何も問題はなくて,不採用で良かったのです。」



□守護霊からのメッセージ

面談の最中に相談者の守護霊から,「あなたは自分の20代を後悔することはありません。」というメッセージが伝わってきました。


木村:「あなたは難を避けられたことからわかるように,運が良いのです。また,守護霊から『あなたは自分の20代を後悔することはありません』というメッセージがありました。」


それを聞いて相談者は,いろいろと思いを巡らせ始めたようで,黙り込んでしまいました。


私の説明を全面的には納得していないようですが,現在の状況で良かったのだという気持ちになられたそうで,そこで面談を終わりました。



□半年後に2回目の相談

その面談から半年後に,その相談者からメール相談の申し込みがありました。


面談から数か月後に,親がもってきた縁談で相手と会ってみたら,結婚に向けて話が進んでいるそうです。


この結婚は自分にとってあるべき方向に沿ったものなのかということと,相手の男性を霊視して説明してほしいという相談内容でした。


相談者の守護霊とも再度つながりましたが,結婚に向けて相談者を導いていく意向が伝わってきました。


それを伝え,また相手の男性を霊視した結果をいろいろと説明し,相談を終えました。


※その2を掲載しました。

https://kimura-kouichi.blogspot.com/2021/10/blog-post_19.html



□ブログ記事の索引

https://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html



○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)

https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html


2021年10月3日日曜日

人生相談(ワクチン接種への不安)

□新型コロナワクチンの接種率

令和3年10月1日に,新型コロナワクチン接種(以下,ワクチン接種と省略)率が,1回以上接種者は70.4%,2回接種完了者は59.8%であるとの統計が,首相官邸サイトで発表されました。


私への人生相談でも,ワクチン接種に関する相談はあります。


メインの人生相談は別の内容ですがサブ的な相談として,ワクチン接種に関して私(木村)はどう判断しているか,あるいはワクチン接種に向けて背中を押してほしい,といった内容の相談です。


どの相談も,ワクチン接種の副作用が心配だという理由は共通しています。



□私の見解と回答

私は医療従事者ではなく,ましてやワクチン接種の専門家ではありません。そのため,この点に関する適切な回答は専門家の説明になります。


そのため私としては,この相談に関して私の立場でも示せることを,証拠をまとめて回答しています。


今回は,その回答の一部をベースとして作った話を取り上げます。あくまでも専門家の説明ではなく,単なる娯楽ネタとしてお読みください。



□ワクチン接種すると人間の遺伝子が書き換えられる?

メッセンジャーRNAワクチンを注射すると,注射された人間の遺伝子が書き換えられるのではないかという不安です。


人は誰でも,これまでに蚊や蜂や蛇などの生き物に刺されたり噛まれたりして,毒のほかに遺伝子の入った体液を注入されてきているはずです。私もそうです。


ワクチンのメッセンジャーRNAで人間の遺伝子が書き換わるなら,昔から刺したり噛んできた生き物の遺伝子で,人間の遺伝子が書き換えられてきているはずです。つまり人類は大昔から,蜂男や蛇男になっているはずだということです。


しかし,虫に刺された部分が腫れる,あるいは蜂や蛇の毒でアナフィラキシーショックを起こすことはあっても,そのような現象は見たことも聞いたこともありません。


人間に他の遺伝子を注入したら影響を受けるのであれば,人類誕生のときから影響を受けているということです。



□ブログ記事の索引

https://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html



○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)

https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html


2021年10月2日土曜日

人生相談(Q&A)その7

その6はこちらです。

https://kimura-kouichi.blogspot.com/2021/01/blog-post.html


今回も,スピリチュアル人生相談(以下,人生相談)で過去にあった問い合わせを,Q&A形式で取り上げます。



□メール相談の回答に字数の規定はありますか?

字数の規定は,2つに分けられます。


(1) 相談者が私に送る,相談メールでの相談文の字数です。

あまり相談文の文字数が多いと読むのが大変,ということでの字数の上限制限です。


(2) 私が相談者に返信する,回答メールでの回答文の字数です。

回答の詳しさを保証するために,これ以上の字数で回答しますという字数の下限制限です。


私は(1)も(2)も,字数制限は設けていません。


相談される人が送るメールでは,字数制限はありませんので,相談内容を必要に応じて詳しく書いて私にお送りください。


私からお送りする回答のメールでは,字数保証はありませんが,メール相談では3回目まで回答するようにしています。できるだけ詳しくわかりやすく文章を作成するよう心がけていますが,さらに聞きたいことがあれば2回目・3回目の相談メールをお送りください。



□メール相談での料金の支払期限は7日以内ですが,超えたらキャンセルですか?

相談者との契約上,メール相談と電話相談では,相談料金の支払期限(無料の回答メールを送信した日から7日以内)を設けています。


メール相談と電話相談では,相談内容を入れたお申込みメールをお送りいただき,それに一部回答するメールを無料で返信します。そして相談料金の入金を確認したら,残りを回答して相談を続けるという流れをとっています。



つまり先払いであるので,支払期限を過ぎても問題はありません。


無料の回答メールをお送りしたら,たいていは1~3日以内に送金があります。切実に解決を求めている人が多いのを実感します。


しかし過去には,半月ほど経ってから「やはり相談をしたいです」というメールとともに,相談料金が振り込まれてきた事例もあります。もちろんそれには応じています。


もし支払期限を過ぎてから,相談料金を振り込んで相談を続けたい場合,相談料金の振り込み後に,料金を振り込んだという内容のメールをお送りください。


お金に関するトラブルは万が一にも避けたいので,こちらで誰の振り込みか確認するためです。



□ブログ記事の索引

https://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html



○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)

https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html


2021年9月18日土曜日

人生相談(勉強しても頭に入らない)その5

その4はこちらです。

https://kimura-kouichi.blogspot.com/2021/08/blog-post.html


勉強しても頭に入らない原因ですが,

(1) 学習方法や教材が関係する原因

(2) 心理的な理由が関係する原因

(3) 霊的な理由が関係する原因

に分けられます。


(1)は,私に相談を申し込まれる前に,すでに取り組まれています。


今回も,(3)に関する原因の一つを取り上げます。


なお取り上げた事例は,実際にあった相談をもとに創作したものです。



□相談例

男子高校生(以下,お子さん)の母親からの相談です。


高校に入ってからの成績低下がひどく,塾や家庭教師を変えてもうまくいかず,本人も頑張っているものの向上しないという内容です。


お子さんを霊視すると,前世で人(10代の若者)の頭を殴って殺していました。


前世を終えてからあの世で,殺したことに関する罪の意識をもち,自分を罰しなければ固く思って生まれてきていました。


前世で殺された10代の若者を霊視すると,15~16歳で殺されたようでした。


殺された若者にも霊的につながれましたが,お子さんが前世でそうとう供養されたようで,不満も残っておらず成仏されていました。


そして今回の人生が始まりましたが,生まれたときから10代前半までは,自分を罰しなければという想いが湧いてきませんでした。


しかし若者の殺された年齢に達したことで,スイッチが入ったように想いが湧いてきたということです。それも,頭をなぐったことの罪の意識から,頭を罰する(苦しめる)力が加わったのでした。


本人も何となく自覚しているようで,「この世の力ではない,何らかの力が自分の頭にのしかかっているようだ。」と母親に話しており,それが私への相談につながったそうです。



□1日1分の供養を3か月

母親に事情を説明し,お子さんに供養の方法を説明して,供養するよう勧めました。


そして,「供養すればもう自分を罰する必要はない」と自分に言い聞かせることも,お子さんに伝えました。


また,私からはお子さんの潜在意識とつながり,自分を罰する想いをできるだけ解放されるように取り組みました。


供養の期間ですが3か月、それ以降はもし気になるなら供養を続けても構いませんが,変わらないですよと説明をして,相談を終えました。


その相談が9月で,それから3か月が経ち,12月に母親からメールが来ました。


お子さんの成績が良くなり,12月の模試では,自分として過去最高の偏差値になったそうです。



□ブログ記事の索引

https://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html



○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)

https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html


2021年9月5日日曜日

人生相談(スピリチュアルな能力)その32

その31はこちらです。

https://kimura-kouichi.blogspot.com/2017/08/31.html


今回は,霊的な能力が未熟な状態はどうであるかということについて取り上げます。


記事中で取り上げている相談例は,実際にあった相談をもとに創作したものです。



□相談例

20代の男性からの相談です。


相談内容を箇条書きで取り上げます。


(1) 自分には霊感があり、いろいろな霊が見える。

(2) こころの病気や体の不調で悩んでおり,病院に行ったが原因不明と診断された。

(3) スピリチュアルカウンセラーになりたいが,それを親に言ったら反対された。



□相談者の状況

その相談者を霊視しました。


たくさんの雑霊に憑依されており,雑霊の下で呻いているような状況でした。


雑霊が相談者にいろいろなことを話しかけており,霊聴が生じていました。


また憑依で生体エネルギーを吸い取っており,心身の不調はそれらが原因であることがわかってきました。


雑霊とは,何かにすがりつきたい,人にいたずらしたい,といった気持ちを持っている霊です。悪霊ほどの悪意はないものの,人を迷惑をかけたり人を振り回すため,関わるべきではない霊です。


ところで霊的な能力には,感度の高さと防御能力が求められます。


感度が高ければ,より多くのことを感じ取れます。


しかし感度の高さに比例して防御能力も高くないと,感度の高さでいろいろなものを拾ってしまうように雑霊が集まってきて,それらに憑依されてしまいます。



□防御能力とは

防御能力を簡単に説明すると,オーラの強さです。オーラとは生体エネルギーの放出のことです。


人の体から周囲に生体エネルギーが放出しており,それが球体のようなバリアになって,悪霊や雑霊の侵入(憑依)を防いでいます。これが防御能力です。


オーラの強さは心身の状況によって変わります。


精神的な境地を高めることで,生体エネルギーの周波数が高まり,オーラは強くなります。


また,病気にかかるとオーラは弱くなりやすいですし,体の一部の具合が悪くなるとその部位のオーラが弱くなりやすいです。


霊的な能力を高めていろいろなものを感じ取れるようになる上で,このオーラの強さが同時に求められます。そうでないと雑霊や悪霊がオーラを突き破って侵入し,憑依に悩まされることになります。



□霊感を使うことを封印する

この状態を改善するには,


(1) 短期的な対策として,私がお祓いで雑霊を追い払う。

(2) 長期的な対策として,本人が精神的境地を高めてオーラを強くする。


があります。


(1)はすぐ行えますが,そのままだと,また雑霊が集まってきて憑依された状態に戻ります。


それを防ぐには(2)の実行ですが,これは数か月や数年かかることです。


ではどうしたらよいかというと,次善の策として,霊的な能力を封印することがあります。


封印とは,霊感を使うことをやめ,霊的なことを取り上げている本やWebサイトを見ないようにして,霊的なことを忘れる(考えない)ことです。


封印することで,霊的なエネルギーや霊に対する想いが外に出なくなりますから,それに反応していた雑霊は次第に離れていきます。


私から相談者に状況を説明したあと,次のアドバイスを提示しました。

「今は霊感を磨こうとせず,霊的な研究をせず,霊的なことを封印してください。また,適切な運動をして仕事や勉強に集中することで,不調からの回復も早くなります。そしてこれからは,いろいろな人生経験を積むことに気持ちを向けたらよいでしょう。スピリチュアルカウンセラーになれないと思うかもしれませんが,今はその時期ではありません。そして霊感を高めるべき時期が来たら,何らかのお導きがあるはずです。」



□ブログ記事の索引

https://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html



○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)

https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html


2021年8月28日土曜日

人生相談(人生のステージ)その9

その8はこちらです。

https://kimura-kouichi.blogspot.com/2020/09/blog-post.html


今回は、(人生のステージ)その4

https://kimura-kouichi.blogspot.com/2013/10/part4.html

で出た、次のステージに進むための条件を掘り下げます。


なお記事中で取り上げている相談例は,実際にあった相談をもとに創作したものです。



□次のステージに進むための条件

人生の次のステージに進むには条件を付けられている場合があり,その条件として,


(1)精神を鍛える

(2)自分の人生観や生き方を確立する

(3)現在の環境を抜け出す決心をする


があると説明しました。


しかし人生相談を続けていると,(1)を掘り下げた内容がさらにいろいろとあることがわかってきました。


そして,そのいろいろとある内容の共通点は,「精神的境地を高める」であることもわかってきました。


つまり,精神的境地を高めることで,次のステージに進めるというものです。

逆に言えば,精神的境地を高めないと,次のステージに進めないというものでもあります。



□どのような精神的境地になればよいのか

これは人により異なりますが,主に次の3つを見かけます。


(1) 「何が来てもどんとこい」という心境になる

現在のステージで,同じパターンの試練が何度もやってきます。最初は逃げていましたが,そのうち逃げずに取り組むようになり,最後はどんとこいで取り組むようになると,現在のステージが終了して次のステージに進むというものです。


(2) 自分だけでなく周囲への配慮ができるようになる

簡単にいえば,自分のことしか考えないわがままな気持ちから,周囲の人のことも考えられるようになるというものです。


(3) 抱えている悩みが吹っ切れる

現在の抱えている課題について吹っ切れる,これまでためらっていたことがためらわずにできるようになる,というものです。



□相談例

ある40代の女性からの相談です。


勤め先が廃業となり,次の仕事を探している最中だそうです。


自分にふさわしい次の仕事をどうすれば得られるのか,またこの機会に自分の前世や守護霊からのメッセージを知りたい,という相談内容でした。


相談者を霊視すると,次の仕事については,相談者の守護霊から以下のイメージが届きました。


「相談者の目の前に,大きく活躍する世界があります。


しかし今の状態では,相談者が出す波長とその世界の波長とが合わず,その世界に入ることができません。


相談者の精神的境地が,あと一歩高くなると相談者が出す波長が変わり,大きく活躍する世界と波長が合って,その世界に入っていけます。」


というイメージです。



□相手を尊重することで境地が上がる

霊視した結果を話して状況を伺うと,その女性は恵まれた境遇で育ち,人に頭を下げることが少ない仕事をしてきたことがわかってきました。また,人を尊重しない(見下してもいませんが)傾向も感じました。


そして霊視した結果を合わせると精神的境地を高めるには,人に頭を下げる境地,人を尊重する境地を身に付けることがわかってきました。


そのため面談で,

「何もあなたが仕事で,下に出る必要は今後もないです。相手が何かをしてくれたらそれには礼儀としてお礼を言う,そしてどのような人であろうとも礼儀として相手を尊重した応対をする,そういう習慣を身に付けるということです。その習慣を身に付けることで,次の仕事の世界に入れるようになります。」

といった内容の説明を行いました。


それから1か月半ほど経ったある日,その女性からメールが届きました。


知り合いを介してある会社の経営者と会う機会ができ,その経営者と話していたら,「あなたを気に入った,うちに来ないか」と誘われたそうです。


経営者から,受け答えがしっかりしているし相手を尊重するところも見える,と言われ私を思い出したそうです。


私から,それが大きく活躍する世界のようですが,念のためその経営者や会社を調べておいてください,必要ならその経営者を霊視します,と返事しました。


その後その女性から新規にメール相談の申し込みがあり,その経営者を霊視した結果を説明し,さらにいろいろな相談事項にメールで回答しました。



□ブログ記事の索引

https://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html



○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)

https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html