2021年10月5日火曜日

人生相談(思っていることが実現しない)その1

人生相談を受けていると,自分の思っていることが実現しない,という相談内容がよくあります。


しかし霊視してみると,その思っていることがもし実現していたら人生を踏み外していた,実現しなかったことで人生を踏み外さずに済んだ,ということがわかることがあります。


今回は,それに関する相談例を取り上げます。


なお取り上げた相談例は,実際にあった相談をもとに創作したものです。



□相談例

20代後半の独身女性からの相談(面談)です。


ある留学制度を利用して,海外で学びたいと思っているそうです。


しかし何回か申請したものの,どれも不採用になったそうです。


いつでも海外留学できるよう,正規雇用で勤めずに派遣やアルバイトで過ごしてきました,自分の何が問題なのでしょう,という相談内容です。



□海外に行っていたら,人生の選択を間違えていた

相談者を霊視すると,最近(2~3か月前)に人生の分かれ道に差し掛かったようで,どうにか適切なほうの道に進めた,という情景が伝わってきました。


相談者にそれを話すと,2~3か月前は留学申請の不採用の結果が来た時期だったそうです。


木村:「つまり留学に行っていたら,あるべき人生にならないほうに進んでいたということです。」


相談者:「あるべき人生とは,どういうことでしょう。」


木村:「さきほど説明した,生まれてきた目的を達成できない人生ということです。ですから何も問題はなくて,不採用で良かったのです。」



□守護霊からのメッセージ

面談の最中に相談者の守護霊から,「あなたは自分の20代を後悔することはありません。」というメッセージが伝わってきました。


木村:「あなたは難を避けられたことからわかるように,運が良いのです。また,守護霊から『あなたは自分の20代を後悔することはありません』というメッセージがありました。」


それを聞いて相談者は,いろいろと思いを巡らせ始めたようで,黙り込んでしまいました。


私の説明を全面的には納得していないようですが,現在の状況で良かったのだという気持ちになって,面談を終わりました。



□半年後に2回目の相談

その面談から半年後に,その相談者からメール相談の申し込みがありました。


面談から数か月後に,親がもってきた縁談で相手と会ってみたら,結婚に向けて話が進んでいるそうです。


この結婚は自分にとってあるべき方向に沿ったものなのかということと,相手の男性を霊視して説明してほしいという相談内容でした。


相談者の守護霊とも再度つながりましたが,結婚に向けて相談者を導いていく意向が伝わってきました。


それを伝え,また相手の男性を霊視した結果をいろいろと説明し,相談を終えました。



□ブログ記事の索引

https://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html



○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)

https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html


2021年10月3日日曜日

人生相談(ワクチン接種への不安)

□新型コロナワクチンの接種率

令和3年10月1日に,新型コロナワクチン接種(以下,ワクチン接種と省略)率が,1回以上接種者は70.4%,2回接種完了者は59.8%であるとの統計が,首相官邸サイトで発表されました。


私への人生相談でも,ワクチン接種に関する相談はあります。


メインの人生相談は別の内容ですがサブ的な相談として,ワクチン接種に関して私(木村)はどう判断しているか,あるいはワクチン接種に向けて背中を押してほしい,といった内容の相談です。


どの相談も,ワクチン接種の副作用が心配だという理由は共通しています。



□私の見解と回答

私は医療従事者ではなく,ましてやワクチン接種の専門家ではありません。そのため,この点に関する適切な回答は専門家の説明になります。


そのため私としては,この相談に関して私の立場でも示せることを,証拠をまとめて回答しています。


今回は,その回答の一部をベースとして作った話を取り上げます。あくまでも専門家の説明ではなく,単なる娯楽ネタとしてお読みください。



□ワクチン接種すると人間の遺伝子が書き換えられる?

メッセンジャーRNAワクチンを注射すると,注射された人間の遺伝子が書き換えられるのではないかという不安です。


人は誰でも,これまでに蚊や蜂や蛇などの生き物に刺されたり噛まれたりして,毒のほかに遺伝子の入った体液を注入されてきているはずです。私もそうです。


ワクチンのメッセンジャーRNAで人間の遺伝子が書き換わるなら,昔から刺したり噛んできた生き物の遺伝子で,人間の遺伝子が書き換えられてきているはずです。つまり人類は大昔から,蜂男や蛇男になっているはずだということです。


しかし,虫に刺された部分が腫れる,あるいは蜂や蛇の毒でアナフィラキシーショックを起こすことはあっても,そのような現象は見たことも聞いたこともありません。


人間に他の遺伝子を注入したら影響を受けるのであれば,人類誕生のときから影響を受けているということです。



□ブログ記事の索引

https://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html



○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)

https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html


2021年10月2日土曜日

人生相談(Q&A)その7

その6はこちらです。

https://kimura-kouichi.blogspot.com/2021/01/blog-post.html


今回も,スピリチュアル人生相談(以下,人生相談)で過去にあった問い合わせを,Q&A形式で取り上げます。



□メール相談の回答に字数の規定はありますか?

字数の規定は,2つに分けられます。


(1) 相談者が私に送る,相談メールでの相談文の字数です。

あまり相談文の文字数が多いと読むのが大変,ということでの字数の上限制限です。


(2) 私が相談者に返信する,回答メールでの回答文の字数です。

回答の詳しさを保証するために,これ以上の字数で回答しますという字数の下限制限です。


私は(1)も(2)も,字数制限は設けていません。


相談される人が送るメールでは,字数制限はありませんので,相談内容を必要に応じて詳しく書いて私にお送りください。


私からお送りする回答のメールでは,字数保証はありませんが,メール相談では3回目まで回答するようにしています。できるだけ詳しくわかりやすく文章を作成するよう心がけていますが,さらに聞きたいことがあれば2回目・3回目の相談メールをお送りください。



□メール相談での料金の支払期限は7日以内ですが,超えたらキャンセルですか?

相談者との契約上,メール相談と電話相談では,相談料金の支払期限(無料の回答メールを送信した日から7日以内)を設けています。


メール相談と電話相談では,相談内容を入れたお申込みメールをお送りいただき,それに一部回答するメールを無料で返信します。そして相談料金の入金を確認したら,残りを回答して相談を続けるという流れをとっています。



つまり先払いであるので,支払期限を過ぎても問題はありません。


無料の回答メールをお送りしたら,たいていは1~3日以内に送金があります。切実に解決を求めている人が多いのを実感します。


しかし過去には,半月ほど経ってから「やはり相談をしたいです」というメールとともに,相談料金が振り込まれてきた事例もあります。もちろんそれには応じています。


もし支払期限を過ぎてから,相談料金を振り込んで相談を続けたい場合,相談料金の振り込み後に,料金を振り込んだという内容のメールをお送りください。


お金に関するトラブルは万が一にも避けたいので,こちらで誰の振り込みか確認するためです。



□ブログ記事の索引

https://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html



○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)

https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html


2021年9月18日土曜日

人生相談(勉強しても頭に入らない)その5

その4はこちらです。

https://kimura-kouichi.blogspot.com/2021/08/blog-post.html


勉強しても頭に入らない原因ですが,

(1) 学習方法や教材が関係する原因

(2) 心理的な理由が関係する原因

(3) 霊的な理由が関係する原因

に分けられます。


(1)は,私に相談を申し込まれる前に,すでに取り組まれています。


今回も,(3)に関する原因の一つを取り上げます。


なお取り上げた事例は,実際にあった相談をもとに創作したものです。



□相談例

男子高校生(以下,お子さん)の母親からの相談です。


高校に入ってからの成績低下がひどく,塾や家庭教師を変えてもうまくいかず,本人も頑張っているものの向上しないという内容です。


お子さんを霊視すると,前世で人(10代の若者)の頭を殴って殺していました。


前世を終えてからあの世で,殺したことに関する罪の意識をもち,自分を罰しなければ固く思って生まれてきていました。


前世で殺された10代の若者を霊視すると,15~16歳で殺されたようでした。


殺された若者にも霊的につながれましたが,お子さんが前世でそうとう供養されたようで,不満も残っておらず成仏されていました。


そして今回の人生が始まりましたが,生まれたときから10代前半までは,自分を罰しなければという想いが湧いてきませんでした。


しかし若者の殺された年齢に達したことで,スイッチが入ったように想いが湧いてきたということです。それも,頭をなぐったことの罪の意識から,頭を罰する(苦しめる)力が加わったのでした。


本人も何となく自覚しているようで,「この世の力ではない,何らかの力が自分の頭にのしかかっているようだ。」と母親に話しており,それが私への相談につながったそうです。



□1日1分の供養を3か月

母親に事情を説明し,お子さんに供養の方法を説明して,供養するよう勧めました。


そして,「供養すればもう自分を罰する必要はない」と自分に言い聞かせることも,お子さんに伝えました。


また,私からはお子さんの潜在意識とつながり,自分を罰する想いをできるだけ解放されるように取り組みました。


供養の期間ですが3か月、それ以降はもし気になるなら供養を続けても構いませんが,変わらないですよと説明をして,相談を終えました。


その相談が9月で,それから3か月が経ち,12月に母親からメールが来ました。


お子さんの成績が良くなり,12月の模試では,自分として過去最高の偏差値になったそうです。



□ブログ記事の索引

https://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html



○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)

https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html


2021年9月5日日曜日

人生相談(スピリチュアルな能力)その32

その31はこちらです。

https://kimura-kouichi.blogspot.com/2017/08/31.html


今回は,霊的な能力が未熟な状態はどうであるかということについて取り上げます。


記事中で取り上げている相談例は,実際にあった相談をもとに創作したものです。



□相談例

20代の男性からの相談です。


相談内容を箇条書きで取り上げます。


(1) 自分には霊感があり、いろいろな霊が見える。

(2) こころの病気や体の不調で悩んでおり,病院に行ったが原因不明と診断された。

(3) スピリチュアルカウンセラーになりたいが,それを親に言ったら反対された。



□相談者の状況

その相談者を霊視しました。


たくさんの雑霊に憑依されており,雑霊の下で呻いているような状況でした。


雑霊が相談者にいろいろなことを話しかけており,霊聴が生じていました。


また憑依で生体エネルギーを吸い取っており,心身の不調はそれらが原因であることがわかってきました。


雑霊とは,何かにすがりつきたい,人にいたずらしたい,といった気持ちを持っている霊です。悪霊ほどの悪意はないものの,人を迷惑をかけたり人を振り回すため,関わるべきではない霊です。


ところで霊的な能力には,感度の高さと防御能力が求められます。


感度が高ければ,より多くのことを感じ取れます。


しかし感度の高さに比例して防御能力も高くないと,感度の高さでいろいろなものを拾ってしまうように雑霊が集まってきて,それらに憑依されてしまいます。



□防御能力とは

防御能力を簡単に説明すると,オーラの強さです。オーラとは生体エネルギーの放出のことです。


人の体から周囲に生体エネルギーが放出しており,それが球体のようなバリアになって,悪霊や雑霊の侵入(憑依)を防いでいます。これが防御能力です。


オーラの強さは心身の状況によって変わります。


精神的な境地を高めることで,生体エネルギーの周波数が高まり,オーラは強くなります。


また,病気にかかるとオーラは弱くなりやすいですし,体の一部の具合が悪くなるとその部位のオーラが弱くなりやすいです。


霊的な能力を高めていろいろなものを感じ取れるようになる上で,このオーラの強さが同時に求められます。そうでないと雑霊や悪霊がオーラを突き破って侵入し,憑依に悩まされることになります。



□霊感を使うことを封印する

この状態を改善するには,


(1) 短期的な対策として,私がお祓いで雑霊を追い払う。

(2) 長期的な対策として,本人が精神的境地を高めてオーラを強くする。


があります。


(1)はすぐ行えますが,そのままだと,また雑霊が集まってきて憑依された状態に戻ります。


それを防ぐには(2)の実行ですが,これは数か月や数年かかることです。


ではどうしたらよいかというと,次善の策として,霊的な能力を封印することがあります。


封印とは,霊感を使うことをやめ,霊的なことを取り上げている本やWebサイトを見ないようにして,霊的なことを忘れる(考えない)ことです。


封印することで,霊的なエネルギーや霊に対する想いが外に出なくなりますから,それに反応していた雑霊は次第に離れていきます。


私から相談者に状況を説明したあと,次のアドバイスを提示しました。

「今は霊感を磨こうとせず,霊的な研究をせず,霊的なことを封印してください。また,適切な運動をして仕事や勉強に集中することで,不調からの回復も早くなります。そしてこれからは,いろいろな人生経験を積むことに気持ちを向けたらよいでしょう。スピリチュアルカウンセラーになれないと思うかもしれませんが,今はその時期ではありません。そして霊感を高めるべき時期が来たら,何らかのお導きがあるはずです。」



□ブログ記事の索引

https://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html



○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)

https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html


2021年8月28日土曜日

人生相談(人生のステージ)その9

その8はこちらです。

https://kimura-kouichi.blogspot.com/2020/09/blog-post.html


今回は、(人生のステージ)その4

https://kimura-kouichi.blogspot.com/2013/10/part4.html

で出た、次のステージに進むための条件を掘り下げます。


なお記事中で取り上げている相談例は,実際にあった相談をもとに創作したものです。



□次のステージに進むための条件

人生の次のステージに進むには条件を付けられている場合があり,その条件として,


(1)精神を鍛える

(2)自分の人生観や生き方を確立する

(3)現在の環境を抜け出す決心をする


があると説明しました。


しかし人生相談を続けていると,(1)を掘り下げた内容がさらにいろいろとあることがわかってきました。


そして,そのいろいろとある内容の共通点は,「精神的境地を高める」であることもわかってきました。


つまり,精神的境地を高めることで,次のステージに進めるというものです。

逆に言えば,精神的境地を高めないと,次のステージに進めないというものでもあります。



□どのような精神的境地になればよいのか

これは人により異なりますが,主に次の3つを見かけます。


(1) 「何が来てもどんとこい」という心境になる

現在のステージで,同じパターンの試練が何度もやってきます。最初は逃げていましたが,そのうち逃げずに取り組むようになり,最後はどんとこいで取り組むようになると,現在のステージが終了して次のステージに進むというものです。


(2) 自分だけでなく周囲への配慮ができるようになる

簡単にいえば,自分のことしか考えないわがままな気持ちから,周囲の人のことも考えられるようになるというものです。


(3) 抱えている悩みが吹っ切れる

現在の抱えている課題について吹っ切れる,これまでためらっていたことがためらわずにできるようになる,というものです。



□相談例

ある40代の女性からの相談です。


勤め先が廃業となり,次の仕事を探している最中だそうです。


自分にふさわしい次の仕事をどうすれば得られるのか,またこの機会に自分の前世や守護霊からのメッセージを知りたい,という相談内容でした。


相談者を霊視すると,次の仕事については,相談者の守護霊から以下のイメージが届きました。


「相談者の目の前に,大きく活躍する世界があります。


しかし今の状態では,相談者が出す波長とその世界の波長とが合わず,その世界に入ることができません。


相談者の精神的境地が,あと一歩高くなると相談者が出す波長が変わり,大きく活躍する世界と波長が合って,その世界に入っていけます。」


というイメージです。



□相手を尊重することで境地が上がる

霊視した結果を話して状況を伺うと,その女性は恵まれた境遇で育ち,人に頭を下げることが少ない仕事をしてきたことがわかってきました。また,人を尊重しない(見下してもいませんが)傾向も感じました。


そして霊視した結果を合わせると精神的境地を高めるには,人に頭を下げる境地,人を尊重する境地を身に付けることがわかってきました。


そのため面談で,

「何もあなたが仕事で,下に出る必要は今後もないです。相手が何かをしてくれたらそれには礼儀としてお礼を言う,そしてどのような人であろうとも礼儀として相手を尊重した応対をする,そういう習慣を身に付けるということです。その習慣を身に付けることで,次の仕事の世界に入れるようになります。」

といった内容の説明を行いました。


それから1か月半ほど経ったある日,その女性からメールが届きました。


知り合いを介してある会社の経営者と会う機会ができ,その経営者と話していたら,「あなたを気に入った,うちに来ないか」と誘われたそうです。


経営者から,受け答えがしっかりしているし相手を尊重するところも見える,と言われ私を思い出したそうです。


私から,それが大きく活躍する世界のようですが,念のためその経営者や会社を調べておいてください,必要ならその経営者を霊視します,と返事しました。


その後その女性から新規にメール相談の申し込みがあり,その経営者を霊視した結果を説明し,さらにいろいろな相談事項にメールで回答しました。



□ブログ記事の索引

https://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html



○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)

https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html

2021年8月15日日曜日

人生相談(物に宿った想念)その7

その6はこちらです。

https://kimura-kouichi.blogspot.com/2018/01/6.html


今回は中古品に関する質問を取り上げます。


なお,質問内容を理解する上で,その6やそれ以前の記事をあらかじめ読まれることをお勧めします。



□中古品には使っていた人の想いがこもっていますか?

例外的なものを除いて,想いはこもっていないか,あっても少なく問題のないレベルです。


物に宿った想念ですが,

(1) 前の所有者がどういう気持ちで手放したか

(2) 手放した後もその物に未練をもっているか

がポイントということです。


前の所有者が,要らなくなった物を処分しようという気持ちで手放したなら問題ないということです。

処分する気持ちで手放したなら,その物に未練は持たないからです。


ですから中古品を買っても,物に宿った想念に関する問題は,次に取り上げる例外を除いてありません。



□例外となる場合

例外は,カードゲームのレアカードや人形など思い入れの強い品物で,なおかつ盗品や拾ってきた品物である場合です。


これは,盗まれた人の恨みや未練の想いがこもっている可能性があり,それを所有すると物に宿った想念(生き霊)に取り憑かれます。


対策としては,怪しい店や売主からは購入しないことです。



□ブログ記事の索引

https://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html



○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)

https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html


2021年8月7日土曜日

人生相談(勉強しても頭に入らない)その4

その3はこちらです。

https://kimura-kouichi.blogspot.com/2021/07/blog-post_22.html


勉強しても頭に入らない原因ですが,

(1) 学習方法や教材が関係する原因

(2) 心理的な理由が関係する原因

(3) 霊的な理由が関係する原因

に分けられます。


(1)は,私に相談を申し込まれる前に,すでに取り組まれています。


前回は(3)に関する原因の一つを取り上げました。今回も(3)に関する原因の一つを取り上げます。


なお取り上げた事例は,実際にあった相談をもとに創作したものです。

できるだけ自然な内容となるように創作しましたが,あくまでも創作した話としてお読みください。



□霊的な理由(その2)

これは他人が発した想いが蓄積されて生き霊になり,その生き霊が頭を霊的に締め付けようとして邪魔しているというものです。


事例をもとに詳細を説明します。


ある男子高校生の母親からの相談です。


子供が高校3年になってから,頭が締め付けるような感触があって勉強に身が入らないという相談内容です。勉強したことも,頭に入らないそうです。


医者に診てもらいましたが何も原因がわからないこと,そしてその締め付ける感触がこの世のものではないような気がすると,お子さんが話したそうです。


その話をもとに,私に相談することにしたそうです。



□友達の母親が発した想いらしい

お子さんの男子高校生を霊視しました。


霊視してすぐに,頭の周りを蛇のような生き霊が取り囲んでいるのが見えました。


相談者の母親に状況を説明して,お祓いを始めました。


お祓いを始めると,その蛇のような生き霊は私に,「うちの子にとって邪魔なの」というメッセージを発してきました。


ここからは多分に想像が入りましが,どうも男子高校生の友達の母親が発した想いが蓄積され,それが生き霊となったようでした。


その母親の子と相談者のお子さんの男子高校生とが,おそらく大学推薦の枠か何かで競合する関係になっていて,それを知った母親が妬みのような想いを発したのではないか,と仮説を立てました。


しかしその仮説を相談者の母親に話すと,無用な対立が生じます。


そのため相談者の母親に,お子さんは誰かから妬まれていて,その妬みの想いが生き霊になったようです。誰かまでは特定できませんが,お祓いで生き霊は無くせますので,お子さんは気にせずに友達付き合いを続けたらいいです,という説明を付け加えました。



□通常よりお祓いの手間がかかった

男子高校生の頭部の周囲にエネルギーを送り,生き霊が雲散霧消するようにお祓いを行いました。


最初は,生き霊があがく反応を見せましたが,次第に弱くなっていきました。


通常よりもお祓いの日数がかかりましたが,存在を感じなくなりました。


それとともにお祓いのエネルギーが,生き霊を発した人(おそらく友達の母親)にまで逆流するように届いて,その人を多少清めた感触がありました。


生き霊を発した人を多少でも清められた場合,その人がしばらくの間想いを発することをやめる効果が期待できます。


つまり,生き霊が再びできることを防ぐ,再発防止の効果が期待できます。


何か月もしたら,清めの効果はなくなり元に戻るでしょう。しかしそのときは,高校卒業時の大学入試も終わっているでしょうから,もう関係者の気持ちも変わって妬むこともないはずです。


私から相談者の母親に,お祓いが終わったことを報告しました。


相談者の母親からは,お子さんが頭の重たさが取れた感触があると話したことを知らせてくれました。それとともに母親から見て,お子さんは以前の快活な状態に戻ったそうです。


※その5を掲載しました

https://kimura-kouichi.blogspot.com/2021/09/5.html



□ブログ記事の索引

http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html



○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)

https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html


2021年7月22日木曜日

人生相談(勉強しても頭に入らない)その3

その2はこちらです。

https://kimura-kouichi.blogspot.com/2021/07/blog-post.html


勉強しても頭に入らない原因ですが,

(1) 学習方法や教材が関係する原因

(2) 心理的な理由が関係する原因

(3) 霊的な理由が関係する原因

に分けられます。


(1)は,私に相談を申し込まれる前に,すでに取り組まれています。


いろいろな学習方法をお子さんに取り組ませてみて解消しないので,別の原因があるかもしれないということで,私に相談を申し込んだという話をよく聞きます。


今回は(3)に関する原因の一つを取り上げます。


なお取り上げた事例は,実際にあった相談をもとに創作したものです。



□霊的な理由の一つ

これは過去世で,自分の頭の良さが原因で災難にあい,自分の頭の良さが原因だ,自分の頭を罰しなければ,という想いを持って生まれてきたというものです。


事例をもとに詳細を説明します。


ある男性からの相談です。


小学生のころは成績が良かったそうです。

しかし中学生から高校生にかけて,頭がぼうっと重い感じがして,勉強した内容が頭に定着せず,成績が低迷している状態だったそうです。


何か原因があるのだろうか,という内容でした。



□前世で村八分にあった

その相談者の前世は男性で,日本の江戸時代でした。


子供のころは村で神童といわれており,青年になってからは都会の私塾に入門して勉強したこともあり,頭の良さが本人の自慢でした。


村に帰ってからは家業の農業に従事していましたが,あるとき村の掟を非合理的として無視したことで村民の反発を買い,村八分にあいました。


家族も村八分にあって困り,生活が追い詰められた男性は,自分の命と引き換えに家族との付き合いを元に戻してほしいと遺書を残し,自殺しました。


その後その相談者はあの世で,人生が失敗したのは頭が良かったためだ,頭を罰しなければという気持ちを抱くようになり,そして生まれてきたのでした。



□頭を罰する想いを解放させる

私からその相談者に,霊視したことを説明して,自分を罰する想いを解放させるよう取り組むことを話しました。


その相談者と霊的につながり,意識を深く下っていき,前世と今生の間のあの世での記憶に接触します。


あの世で生じた,自分の頭を罰しなければという想いを,私が吸い取るように感じ取って解放させます。それを何回か繰り返しました。


その後相談者からは,頭がすっきりしたとのメールがありました。以前は物事を考えるときに砂をかむような感触があったそうですが,それが減ったそうです。


※その4を掲載しました。

https://kimura-kouichi.blogspot.com/2021/08/blog-post.html



□ブログ記事の索引

http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html



○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)

https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html


2021年7月3日土曜日

人生相談(勉強しても頭に入らない)その2

その1はこちらです。

https://kimura-kouichi.blogspot.com/2020/01/blog-post_2.html


勉強しても頭に入らない原因ですが,

(1) 学習方法や教材が関係する原因

(2) 心理的な理由が関係する原因

(3) 霊的な理由が関係する原因

に分けられます。


(1)は,私に相談を申し込まれる前に,すでに取り組まれています。


いろいろな学習方法をお子さんに取り組ませてみて解消しないので,別の原因があるかもしれないということで,私に相談を申し込んだという話をよく聞きます。


今回は(2)に関する事例を取り上げます。

なお取り上げた事例は,実際にあった相談をもとに創作したものです。



□心理的な理由が関係する原因

これは,過去の記事で少し触れています。


人生相談(過去世の影響)その4

https://kimura-kouichi.blogspot.com/2017/10/4.html


この記事では過去世で,自分の身を守るために聞き流す習慣がついたケースを取り上げました。


今回は今生で,自分の身を守るために聞き流す習慣がついたケースです。


簡単に説明すると,幼少期から親から怒鳴られていたため,自分の身を守るために,怒鳴られたことが頭を素通りするように習慣化しているということです。


そのため,怒鳴られたことは頭に残らないようにすることで,心理的なショックを受けないようにしていますが,日常生活でのやりとりも頭に残らないようになっています。


そのため授業を受けても学んだことが頭に残らず,成績も低いものとなっています。


また授業以外でも,人から言われたことが頭に残っていないため,友達からも馬耳東風と言われます。


そうなった相談者を霊視したことがありますが,意識の底に精神的外傷が残っており,そして人から言われたことを聞き流す習慣が身についているのを感じました。



□ゼロにはできないが,減らすことなら望みがある

この理由を解消ですが,意識の底に残っている精神的外傷を解放させることと,また聞き流そうとする習慣を変えることの2つがあります。


これは容易ではありませんが,霊的な力を使って相談者の意識とつながり,意識の底に残っている精神的外傷を解放させることなら,望みがあります。


なお,聞き流そうとする習慣は,時間をかけて自分で変えていく必要があります。


しかし精神的外傷が解放されると,期間はかかりますが,自然と聞き流す習慣は変わっていくようです。



□相談例

ある女性からの相談です。


離婚に関する相談でしたが,相談者を霊視すると,意識の底に精神的外傷があるのを感じました。


また,人に言ったことが頭に残らないように意識付けている(習慣化されている)ことも感じました。


そのため,その女性とのメールのやりとりでも,私が説明したことを繰り返し聞いてくることがありました。


相談を進めると,母親が怒鳴る人であることがわかりました。


私から,離婚に関する霊的な状況を説明するとともに,あなたの精神的外傷を解放しますと説明し,数回に分けて霊的に相談者とつながり,精神的外傷をほぐして減らしていきました。


私としてできるとこまで行い,相談者に状況を報告しました。


離婚に関するいざこざが続いたため,その相談者からは何回もメール相談の申し込みがありました。


そのやりとりの合間に,以前と違って人の言ったことが頭に残るようになった,また物事をじっくり考えられるようにもなった,との感想が寄せられました。


※その3を掲載しました。

https://kimura-kouichi.blogspot.com/2021/07/blog-post_22.html



□ブログ記事の索引

http://kimura-kouichi.blogspot.jp/2013/04/blog-post_18.html



○メインサイト(大阪のスピリチュアル人生相談)

https://www.kimura-kouichi.com/c/index.html